コロナ禍におけるマスク着用の会話への影響?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!コンサルの信です。

本日は、コロナ禍におけるマスク着用の影響、特に仕事(コミュニケーション)への影響を考えてみようと思います。

現時点では、対面する際、マスク着用はほぼ必須といえますが、会話中マスクをつけていると話す際に印象がマイナスになる可能性はあると思いますでしょうか。私は少しはあるかと思いました!

しかし、学生がマスクを着けながらの口頭試験の点数が下がるのかという研究によると、マスクの口頭試験への影響はなかったというデータがあるそうです!

テストを受ける側は不利だと感じるから、声を大きくしたり、アイコンタクトやボディランゲージをより多く使うことが理由の一つとして考えられています。

よって、当たり前の推測ですが、マスクをつけながら、マスクを着けていないときのように話してしまうと少しは印象が悪くなるのかもしれません。

ただ、マスクをつけていることを意識し、声を大きくしたり、アイコンタクト・ボディランゲージで会話を補足することで、マスクをつけていてもマイナスの影響はなくなると考えられるので、少し注意しておくといいですね!

参考文献:
『The Impact of Wearing a Face Mask in a High-Stakes Oral Examination: An Exploratory Post-SARS Study in Hong Kong』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ブログ村

ブログPV

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

*