【創造力】社会人基礎力4【誰でもできる】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本記事では、皆様のこういった悩みに答えます。

  • 社会人基礎力の創造力とは何?
  • 創造力を発揮する具体的方法は?
  • よりよく創造力を発揮するポイントは?

私はコンサルタントとして、前例のない問題を解決するようなプロジェクトを推進してきました。

そんな私が経験を踏まえて、以下の構成で作成しております。

社会人基礎力の創造力とは

以下の図は経産省で定義されている「考え抜く力」です。

課題発見力・計画力については、別記事で解説しておりますので、本記事では、創造力にフォーカスして解説いたします!

創造力を発揮する方法

創造力を発揮する方法は、「新しい価値を生み出す力」とされています。

簡単に2つのステップがあります。

  1. アイデア出し
  2. アイデア集約・整理

それぞれの解説を行います!

アイデア出し

まずは、アイデアをたくさん出していきましょう。

正確性も問いません!決められたテーマに沿って、とにかくアイデアを出していきましょう。

チームメンバーと行うとよりベターです!

アイデア集約・整理

アイデアを出し終わったら、それぞれのアイデアをグループ化していきます。

以下のステップでまとめていくことが一つの方法です。

  1. 類似アイデアをまとめる(アイデアグループに分ける)
  2. アイデアグループを整理する
    (例えば、問題点のアイデア出しにおいて、コピペが多い①、単純作業が多い②、というものがあれば、①の一要素が②という親子階層関係があります)
  3. アイデアグループ間の関係性を明らかにする
    (例えば、問題点アイデアの整理において、単純作業が多いA、非定型的なクリエイティブな業務に割く時間が少ないBとあれば、Bの原因はAになります)
  4. 根本原因・課題を探す
    ※1~4のそれぞれの段階で、足りないと気づいたものがあれば足していきましょう!

最終的には、いくつかの点がキーとなって、他の事項が存在することが多いです。

業務の問題点を洗い出すという場合に、アイデアグループ間の関係性、根本原因を整理した例は以下のようになります。

赤色の根本原因をはじめに解決することが重要だとわかりますね。

また、課題についても、アイデアをたくさん出して整理することで、様々な課題を見つけることができます。

補足事項

さて、今回、個々の要素を出してから整理する方法を紹介しました。

少し似たようなものを見たことはないでしょうか。

そうです!課題発見力で挙げていたMECEの考え方でロジックツリーを作成するものと見た目が似ていますね。

課題発見では、抽象的なことを徐々に具体的にするという流れの考え方でした。

これは、今回のボトムアップ(具体→抽象)とは真逆の、トップダウン(抽象→具体)の考え方です。

ただ、本来であれば、どちらの方法をとっても同じ結果が得られます。

今回のボトムアップ方式の使用場面としては、最初から抽象的なことを話しづらいときに、今回の方法を使うといいです。

さらによいアイデアを出すためのポイント

特に、アイデア出しをより良くするポイント3つを紹介します!

フレームワーク

フレームワークを使ってお題を分解すると、アイデアが出やすくなります。

例えば、「利益を高めるためにはどうすればいいでしょうか」という質問より、「売り上げを上げる方法、コストを下げる方法を考えましょう」としたほうが、より具体的なアイデアがでそうですね。

ただ、注意点としては、フレームワークによっては、考えが限定的になってしまいます。

無理にフレームワークを当てはめることはやめましょう。

アイデア出しの否定はやめましょう

アイデア出しにおいては、意見の否定は行わないようにしましょう。

否定的な意見を聞いてしまうと、正しいことしか言ってはいけないという考えが生まれ、委縮してしまいます。

的確なアイデアを出すこと

的確なアイデアを出すことは、できればやりたいことです。

なかなかできない場合も多いですが、ご自身の知見があれば、もしくはチームに知見がある方がいれば、実施しなくてもいいです。

少し前置きが長くなりましたが、的確なアイデアを出す方法は有識者へのインタビューです!

有識者からアドバイスを得ることで、より良いアイデアが生まれる可能性があります。

例えば、業務改善であれば、担当者が一番詳しいので聞いてみるとか、新規事業であれば社内外の専門家に話を聞いてみることなどです。

以前、私は、社外の専門家、大学の教授、商工会議所等にヒアリングして、よりよい専門家ならではのアイデアを得たことがあります。

創造力を発揮しましょう

以前紹介した、抽象的なことを徐々に具体化していく方法より、取り組みやすいのではないでしょうか。

一つ一つの情報は具体的で、どんなアイデアを出しても無駄になりません。

ふとしたアイデアが、時に重要なものであったりします!

ぜひ紹介した考え方を用いて、創造力を発揮してください!

ちなみに、アイデアをたくさん出しまくることを「ブレインストーミング」、アイデアをたくさん出してまとめ上げることを「KJ法」と言います。

 

■■社会人基礎力の全体像はこちらで紹介しています■■

社会人基礎力とは【身につけ方と具体例を紹介します】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

ブログ村

ブログPV

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

*